カテゴリ: DIY

ドライブレコーダーの過熱対策


ドライブレコーダーの駐車場監視モードによる暗電流が大き過ぎてバッテリーを消耗する対策に追われている間、実はもう1つの問題に悩まされていた。それがドライブレコーダーの過熱問題だ。

駐車監視モードを利用している際、天気が良く、車内の温度が上昇するとドライブレコーダーが過熱して停止することが頻繁に起こっていたため、暗電流の件と並行して対策を模索していたが、常時稼働に耐えられそうな方法が完成したので公開することとした。

続きを読む

補充電システム

ドライブレコーダーの駐車場監視モードを24時間稼働させ続けることを目標に、50WのソーラーパネルMPPTチャージコントローラーを最終的に導入することとなったが、発電できない程の天候不順が続くとバッテリーの残量は漸減していく。

梅雨時期に3日連続1日10Whという発電量を記録した際、ドライブレコーダーは電圧降下のため録画を停止してしまい補充電が必要となったのだが、走行充電は非効率だし、青空駐車のため降雨の中でボンネットを開けて鉛バッテリー充電器で充電という訳にもいかない。

そこで、前から考えていた補充電用システムをZ33に組み込むことにした。

続きを読む

Tracer 1210AN

前回、ドライブレコーダーの暗電流対策第2弾として50WのソーラーパネルをZ33に搭載したのだが、天候不順時の効率を高めるため合せてMPPTタイプのチャージコントローラーを導入することにした。

PWMタイプと比べるとMPPTタイプは高価なものが多く手を出しづらかったのだが、安価ながらも国内での使用実績がある中華メーカーの製品が有ることを知り、今回は中華メーカーの中で実績がある、EPEVER(旧EPsolar)社のTracerシリーズのTracer 1210ANを使ってみることにした。

続きを読む

↑このページのトップヘ