カテゴリ: DIY

Tracer 1210AN

前回、ドライブレコーダーの暗電流対策第2弾として50WのソーラーパネルをZ33に搭載したのだが、天候不順時の効率を高めるため合せてMPPTタイプのチャージコントローラーを導入することにした。

PWMタイプと比べるとMPPTタイプは高価なものが多く手を出しづらかったのだが、安価ながらも国内での使用実績がある中華メーカーの製品が有ることを知り、今回は中華メーカーの中で実績がある、EPEVER(旧EPsolar)社のTracerシリーズのTracer 1210ANを使ってみることにした。

続きを読む

ソーラーチャージャー

ドライブレコーダーの駐車監視モードを連続稼働させると暗電流によりバッテリーの残量は漸減していく。対策として18Wのソーラーチャージャーを導入したのだが、結局のところ能力不足だったことが後の検証で明らかになった。

そこで、今回は恐らくZ33の車内に設置できる限界となるであろう、50Wクラスのソーラーチャージャーを搭載してみることにした。

続きを読む

CTEK BATTERY SENSE


ドライブレコーダーの駐車監視モードで鉛バッテリーが弱り、頻繁に録画が停止するのでソーラーチャージャーを導入したのだが、確かに、天候や駐車場所の環境が良ければ録画は停止しなかった。しかし、天候や駐車場所の環境が悪いと鉛バッテリーを満充電にできず、ドライブレコーダーの駐車監視モードは停止してしまう。

そこで、ソーラーパネルを増設か高出力の物に替えるか検討していたのだが、その前に実際に鉛バッテリーの充放電状態がどうなっているのか把握しておきたいと考え、定期的に鉛バッテリーの状態を記録してくれるアイテムはないかと探していたところ、CTEKのBATTERY SENSEという鉛バッテリー管理アイテムを発見したので導入してみることにした。

続きを読む

↑このページのトップヘ