サイドブレーキレバー

多くのZ33ドライバーが不安視しているのがサイドブレーキの頼りなさだ。サイドブレーキレバーを引いても効きは今ひとつで、傾斜によってはサイドブレーキが効いているはずなのに車体が動くことがある。

また、サイドブレーキを多用するドリフトやジムカーナーでZ33を使用するユーザーも、サイドブレーキの効きの悪さを指摘している。

Z33はサイドブレーキ用にドラムブレーキが後輪に装備されている。後輪のブレーキディスクを取り外すとドラムブレーキが見えるようになるが、この箇所にあるブレーキシューを効きの良いものに交換するとサイドブレーキの効きが良くなる。

また、サイドブレーキのワイヤー調整でもある程度効き具合を調整できる。サイドブレーキのワイヤー調整は、サイドブレーキがあるセンターコンソール部分を取り外して、ワイヤーのテンションをワイヤー先端にあるナットを回して調整するだけだが、ワイヤーを引きすぎると常にドラムブレーキが掛かった状態になるため慎重に行ないたい。