パワーステアリングタンク

Z33は高負荷になると熱でたれる部分が多い。パワーステアリングオイルも高負荷になると高温になり、沸騰してパワーステアリングタンクで煮えるように流れる状態が出てくるようだ。

パワーステアリングオイルが沸騰するとパワーステアリングの効きが不安定になり、安定した走りができない。

パワーステアリングオイルは高温になると沸騰して気泡を噛んでしまうが、この気泡が入ることによりパワーステアリングの挙動が変わってくる。気泡が多くなると効きが鈍くなり、状況によっては効いたり効きにくかったり不安定になる。

パワーステアリングオイルクーラー

ノーマルでもパワーステアリングオイルクーラーが運転席側のラジエターコア前に設置されているのだが、それでも高負荷時には放熱容量が足りないようだ。

1.6倍の放熱能力があるNISMOパワーステアリングオイルクーラーやR35 GT-Rのパワーステアリングオイルクーラーの流用といった方法から、社外品のパワーステアリングオイルクーラーを使えば冷却能力の向上が見込める。

大型のものはパワーステアリングオイルの量も増えるため熱容量も増加するメリットもある。