HKS CENTER PIPE Z34 Z33 TypeS

前回、排気系総交換に備え、車検に通るレベルにしっかりと騒音を押さえ込むためにフジムラオートのサイレントフロントパイプを装着したのだが、-10dbという強烈な消音効果によりマフラーは高音域が全く出なくなってしまった。

踏み込んでもターボ車のような図太い音が響き、R1 TITANの甲高く連続した高音は見事に失われてしまったため、その音質をなるべく活かした方向で消音をすべく、フロントパイプをHKS CENTER PIPE Z34/Z33 TypeSに交換することにした。

■矛盾した効果を求める

HKS CENTER PIPE Z34/Z33 TypeSに求めるのは適度な消音と高音域を残すという矛盾した効果だ。サイレンサーによる消音効果は減衰しやすい高周波、すなわち高音域が真っ先に吸収されてしまう。その高音を残したまま消音するという無茶苦茶な要求を突きつけていることになる。

この矛盾を解決してくれるかもしれないと判断したのは、同社が販売しているZ33用のマフラー、SSMを主体として、メタルキャタライザーや等長エキマニとの組合せに最適化されているからだ。

SSMの音質は高音域に重きを置いており、サクラムマフラーと同じく甲高い音を鳴らすのだが、排気系を全て同社のものに交換すると車検非対応となる場合がある。そこでHKS CENTER PIPE Z34/Z33 TypeSをフロントパイプにすることで、メーカー曰く車検に対応できる音量になるとのことだ。
※Z33の場合のみZ34の場合は車検非対応

また、Z33はエキマニと触媒を社外品にすると音割れを起こしやすい(パイプの肉厚が薄いと特に出やすい模様)という特徴があり、音量(音圧)だけでなく音割れの改善にもHKS CENTER PIPE Z34/Z33 TypeSは効果が見込めるとの話もある。

だとしたら、今後、交換する予定の等長エキマニやメタルキャタライザーに交換しても高音域は澄んだ音質を確保できるのでは?との思惑からHKS CENTER PIPE Z34/Z33 TypeSに白羽の矢が立ったというわけだ。

■輝きと曇り

そんな訳でHKS CENTER PIPE Z34/Z33 TypeSを取り寄せてみたのだが・・・。

梱包を解いた

商品を撮影しようと梱包を解いた時だった。HKS CENTER PIPE Z34/Z33 TypeSのステンレスが放つ輝きとは裏腹に、その表面には曇った私の表情が映った。HKSにしては仕上がりが余り良くないと感じてしまったからだ。

仕上げが雑に感じられる

同価格帯のフジムラオートのZ34サイレントフロントパイプは溶接やフランジの処理が綺麗な印象があったが、HKS CENTER PIPE Z34/Z33 TypeSはそれと比較すると溶接やフランジの仕上げが雑に感じられる。溶接のスパッタがネジ穴に付いている箇所もあり、撮影開始からいきなりテンションを下げられた。

溶接自体はしっかりと盛っているため性能に不足は無いだろうが、過去に購入したサスペンションやタービンの仕上がりは文句なしだっただけに、HKSブランドはこんなレベルだっけ?と・・・。ふと、感じてしまったのだ。

少しばかりテンションが下がってしまったが、性能はHKSのブランドに恥じないものだろうと気持ちを切替えて各部を見ていった。

全体

まずは、全体的な曲げの処理だ。Z33前期及び中期の純正フロントパイプは急な角度で管が結合していたが、フジムラオートのZ34用のサイレントフロントパイプ同様、集合箇所への曲がり処理は緩やかになっているため、排気の抜けは若干有利な構造に見える。

パンチングメッシュ

HKS CENTER PIPE Z34/Z33 TypeSのサイレンサーサイズは小さいが、パンチングメッシュ部分の長さはそれほど変わりが無い。消音効果を控えめにするためにパンチングの密度を落としているなら違うかもしれないが、そうでなければ純正以下に排気効率が低下する可能性は否定できない。

エンジン側
マフラー側

パイプ径はZ33前期・中期の純正と比較すると同等(φ50×2→φ65)のようだが、HKS CENTER PIPE Z34/Z33 TypeSよりもパイプ径が大きいフジムラオートのZ34用のサイレントフロントパイプですら抜けが悪化したことを考えると良くなるとは考えにくい。

サイレンサー

サイレンサーのサイズは小さく、消音効果もサイズに比例する。HKS CENTER PIPE Z34/Z33 TypeSの消音効果は数値で示されていないが、HKSのサイトで公開されている組合せによる騒音の値から逆算すると-3db~4db程度の効果は見込めるようだ。

Z34用サイレントフロントパイプ

前回装着したフジムラオートのZ34用のサイレントフロントパイプは-10dbの消音効果(メーカー測定値)で、劇的な効果を発揮したが余りにも消音効果が強すぎた。-3db~4dbならテンションが下がるレベルまでに消音することは無いだろうと思ったが、それでも消音効果を-3dbと仮定しても約30%減の音圧と意外と大きい(-10dbは1/3)。

効果はあるが、必要以上に消音しないというのがHKS CENTER PIPE Z34/Z33 TypeSの考え方だ。

なお、フジムラオートのZ34用のサイレントフロントパイプ場合は、同社の100db超えクラスの競技用マフラーを車検に通るレベルに落とすというコンセプトなので、車検に通る通らないの領域になる組合せに組込むと必要以上に消音してしまうことになるだろう(なので筆者の使い方が間違っていただけの話)。

蛇腹部分

蛇腹部分は衝撃や熱による延び縮みを吸収する重要な箇所で、センターパイプだけでなく、それ以外の排気系のパーツが長持ちする可能性が上がるうえ、擦りやすい部分ということもありリフトアップして対策までしてくれている。

蛇腹付きでリフトアップしてくれるのは、わずかしか無いZ33用のサイレンサー付きフロントパイプ中でもHKS CENTER PIPE Z34/Z33 TypeSだけだろう。

付属品

なお、付属品は触媒側座付きナット2組とマフラー側ボルト・ワッシャー・ナット1組に各フランジ用のガスケットが付属する。

■音質はやや不満も抜けは向上

交換作業については前回お世話になった業者にお願いした。今回もリーズナブルな工賃で、本当にこの工賃で良いのかと思ってしまう。本当にありがたい。

取付けが終わってから帰ってきたZ33を迎えたが、エンジンが暖まっている状態から初爆~アイドリングでは図太い音が蘇っていた。だが、あくまでも近所迷惑にはならないレベルだ。

ゼロ発進からの加速で踏み込むと、R1 TITANの甲高い音が復活していたのだが、サイレンサーが入っているため純正のセンターパイプを付けていた時ほどの音ではない。少し遠くで鳴っているか、若干湿っているような音質に変化していた。

やはり、サイレンサーがない状態の方が音質は良かっただけに残念な気持ちもあったが、意外な点で収穫もあった。それは抜けの良さだ。

HKS CENTER PIPE Z34/Z33 TypeSはパイプ径がZ33前期・中期同等のため、サイレンサーが付いている分、排気の抜けは期待していなかった。が、加速すると低速トルクが落ちているのがはっきりと感じられたのだ。

加速時に「あれ、こんなに下のパワー無かったっけ?」と感じるほどで、街乗りの快適性は以前に比べると悪化したのは否めないが、これは、抜けが良い証拠でもあり、低速トルクが落ちた分、高回転側で吹け上がりやトルク向上のメリットに繋がる。

より大きなパイプ径だったフジムラオートのZ34用のサイレントフロントパイプは抜け悪化したのでHKS CENTER PIPE Z34/Z33 TypeSにもその点は期待していなかったのだが、これは良い意味で裏切られたといえる。

Z33の引き渡し時に、パイプの仕上げ処理が今ひとつだと話した際、交換をお願いした担当さん曰く「良いものですよ。」と言っていたのはこのことだったのか!と一人で納得してうなずいてしまった。

当然、サイレンサーが付いていないセンターパイプと比較すれば抜けが劣るのは仕方ないとして、抜け重視で消音は控えめならHKS CENTER PIPE Z34/Z33 TypeSを、消音重視で抜けはそこそこならフジムラオートのZ34用のサイレントフロントパイプという位置づけになるだろう(同価格帯的な意味で)。

フロントパイプに関しては、音質に関して満足とは言えない結果になってしまったが、これ以上を求めるとなるとストレートタイプのフロントパイプとなり、これからエンジン側に向かってさらに排気系の交換をすることを考えれば、騒音規制値を超えアイドリング時すら近所迷惑になりかねない状態になるのは想像に難しくない。

それでは、踏み込んだ時のみ咆哮をあげ、それ以外極力静かにして欲しいという当初のコンセプトを逸脱してしまう。

故に、これでフロントパイプの交換は最後とし、ライトチューニングステップの仕上げとしてメタルキャタライザー・等長エキマニ、そして現車セッティングをセットで実施すべく、気持ちを切替えて準備を進めていくことにする。