バッテリーテスターMeltec ML-100

ドライブレコーダーの駐車監視モードは暗電流が大きく、24時間連続稼働にするために50Wのソーラーパネルを最終的に取付けることになったのだが、日々ソーラー発電による充電を行なうため、ドライブレコーダーの電源にしているスターターバッテリーは酷使されている。

また、50Wのソーラーパネルを導入する前まで、バッテリーが弱った状態で運用していたこともあり、スターターバッテリーのコンディションが前から気になっていた。

そこで、鉛バッテリーのコンディションを確認することができるバッテリーテスターを使い、スターターバッテリーのコンディションを確認することにしてみた。

続きを読む

64GB microSDXC

コムテックのドライブレコーダーZDR-013で使用していたmicroSDHCカードが1年もせずに書き換え寿命を迎えてしまった。

これはZDR-013の問題ではなく、頻繁に録画をする環境では何であれ書き換えが頻繁に発生してしまうため、早々に書き換え限界を迎えメモリは寿命を迎えてしまう。私のようにドライブレコーダーで24時間常時録画をしている環境なら尚更だろう。

ドライブレコーダーで使うメモリの類は消耗品と割り切っていたが、想定したよりも早い寿命を迎えたこともあり、録画時間の改善を含めて、非公式ながら使用ができるとの噂のmicroSDXCカードを使用してみることにした。

続きを読む

LEDバルブ

エンジン停止時、バッテリーが弱っている状態でルームランプを数分点灯させると、バッテリーが電圧降下を起こしてドライブレコーダーの駐車監視モードが電圧カットオフで停止することがある。

これは、ルームランプに使用している電球の消費電流が大きいためで、Z33のドアを開けた状態では実に1.8Aもの暗電流が流れている。
※ドライブレコーダーの暗電流分含む

そこで、ルームランプのバルブをLEDに切替えて電圧降下の発生を抑えることにした。

続きを読む

↑このページのトップヘ